home > XB12Scg 2015.06.27 ウェブサイト引越しついでに少し更新


Buell Lightning XB12Scg


2009.5.15 国道229号 祈石大橋


 フルカウル好きの私が初めて欲しいと思ったカウル無しバイク・・・だけど、買って乗ってみると私の使い方や好みに合わなかったため、1シーズン555kmしか乗らずに手放してしまった。

【デザイン】
 寸詰まりでギュッと凝縮されたプロポーション、近未来的なデザインは、手放した今でもカッコ良いと思う。

【取り回し】
 軽量・コンパクトな車体と高いハンドルで、隼よりずっとラク♪

【動力性能】
 1200ccのバイクだから、速いことは当然速いけど、ハヤブサの強烈で息の長い加速と比べると物足りなかった。
 レブリミットが低いので各ギヤがあっという間に吹けきってしまって、加速の息が短すぎる。(よく「息が長い加速」とは言うけど「息が短い短い」って言うのはちょっと変かな。)
 高回転の伸びがないのは元々そういうエンジンって分かり切っていることだから仕方ないけど、低中速域でもハヤブサの方がトルクフルな感じがした。

【燃費】
 私が所有していた間のトータル燃費は22.6km/L(= 533km / 23.61L)
 郊外の一般道の巡航が大部分で、燃費には有利な走行モードだったと思うけど、期待したほど伸びなかった。
 正確に条件を揃えて比較した訳ではないけど、ハヤブサの方が燃費が良いと思う。

【操縦性】(を語るような運転技術はないけど)
 なんだかフラフラしてまっすぐ走りづらい。
 これは極端なショートホイールベースと小さなキャスター角が原因なのかな。
 だったらロングホイールベース版のXB12Ssを買えば良かったんじゃないって言われそうだけど、そもそも全長が短い寸詰まりプロポーションが気に入ったんだし、ショートホイールベース版の方がXBシリーズ本来の仕様だと思うので、Ssは最初から選択肢に入らなかった。

XB12Scgの記録

2008.12.1 契約


 Zを手放して心の車庫が1台分空いたので、以前から気になっていたXB12Scgをネットで物色していたら、東京のお店に希望していたトランスルーセントチェリーボムレッドのかなり安いがあるのを発見!
 → これは縁だなってことで購入♪

 飛行機で東京に行って、自走で持ってきたいところだけど、冬なので不可能。お店にお金はすぐに払うから、春まで預かってもらえないか交渉したけど断られた。
 自分ですれば楽しいことを、48,000円も払って他人にしてもらうのはもったいないけど仕方がない。

2009.1.10 書類と取扱説明書マニュアルと鍵が到着


 取扱説明書はXB全モデル共通。

 鮮やかな青色のキーは、Buellらしくて良いね。

2009.1.24 車体が到着


 実家で父と寛いでいると、Buellがやってきた。

 現車を見ないで買ったけど、状態はまずまず良さそう。
 春まで実家のカスケードガレージに入れさせてもらう。

2009.5.15 車検・登録


 まずは前オーナーが装着していたアクセサリー類を外す。
 これは、私が中古車を買ったら最初に必ずすること。

 特に後ろのキャリアは、XBの全長の短いスタイルをスポイルしていて気に入らなかった。
 仮ナンバーをつけて運輸局に行きます。
 カッコイイ♪
 検査ラインに並びます。

 すんなりパスしました。
 シティーカブリオレが居た。

 色もカッコイイね!
 室内を覗き込んでみると・・・マニュアルだ。

 内装もお洒落♪

 コレ欲しいっ(ホントか?)

 
 私の名義になった車検証とナンバーの交付を受ける。

 ODO 3083km

2009.5.16 お披露目


 職場の先輩達との「足慣らしツーリング」で、お披露目

 こうして並べてみると、Buellは小さいよね。
 道の駅ニセコビュープラザ

 いつものようにソフトクリーム(250円)を食べる。

  
 寿都の日本海食堂で日本海ラーメン(650円)を食べる。

  
 岩内でみんなと別れて、積丹半島をまわって帰る。

 国道229号は、ここ数年の防災改良で長大トンネルが増えて、景色を楽しめる区間がずいぶん減ってしまったけど、ここは改良前より改良後の方が景色が良くなった数少ない区間。

 やっぱり、トンネルより橋が好き♪
 積丹半島の先端にはいかず、当丸峠でショートカット。なんだか眠い。

 「セイコーマートふるびら」でおやつタイム
  セイコーマートストレートティー280g(70円)
  ヤマザキダブルシュー(63円)

 
 燃料の残量警告表示が出たので、余市のホクレン中央セルフ給油所で給油。


  273.6km / 11.4L = 24.0km/L
 天気が良いのでまだ帰るのはもったいない。
 もう少し遠回りして、道道36号余市赤井川線の冷水峠をまわって帰る。

 左の写真は2007年11月に出来たカルデラ展望所

 この後、国道393号毛無峠を越えて、18:15に帰宅

2009.8.1 山中牧場の紅茶ソフト


 Buellで2度目のお出かけ。(結局、これが最後になった。)
 ソフトクリーム、紅茶、それぞれ大好きだけど、紅茶ソフトは口に合わなかった。
 カッコイイ・・・けど、なんだか楽しくないなぁ。

 売っちゃおうかな。。

2010.4.3 ヤフオクで売却


 自分の物にして乗ってみると、あまり私の好みではなかったので、手放すことにした。
 オークションは1件しか入札が入らなくて、開始価格65万円で終了。
 購入額87万円との差額は22万円は、1シーズン、555km分の使用料にしては高いけど、勉強代と考えよう。

 趣味のクルマやバイクは、自分に合わないと思ったら、ダラダラ持ち続けないで、出来るだけ早く処分する方が良いと思う。

 (この判断、出来そうで、意外と出来ないんだよね。間違った買い物をした事を認めたくないっていう気持ちが働くからなのかな。)

home